時雨の小部屋
topimage

2017-02

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーバーホール - 2012.07.23 Mon

発売直後から使い始めたPENTAX K-5様をついにオーバーホールに出すことになりました。

以前から液晶の文字盤が消えたり、前ダイヤルの反応が悪かったりとイロイロ不具合は出ていたんですが、最近レンズのチェックをしていたら絞りが動いていないことに気づいたんですね。

レンズ自体は同じマウントの機種でチェックすると異常はないので問題がなく、本体側の絞り連動レバーが上手く機能していないようでした。

でも不思議なことに他のレンズでは問題なく機能すると言う・・・。

しばらくお別れ、お気に入りのカメラが手元から離れるというのはなんとも言えず寂しい気がしますけどかたない・・・(´;ω;`)ウッ…



時雨「おつかれさまだねぇ(*´ω`*)」
IMGP9860


それにしてもカウンター五周くらいしたのかな、よく持ったなーとも思うわけですけど。

修理代いくらくらいになるんだろう・・・ヨドバシのサポートポイントが有るから大分カバーできるとは思うけど、ちょっと不安。



オーバーホールの間はK-20Dちゃんの出番だ!
写真 1 - 2012-07-23
スポンサーサイト

キズだらけのお気に入りレンズ - 2012.07.11 Wed

今自分の持っているレンズの中で一番のお気に入りがこのXR RIKENON 1:2.8/28

1970年代のリコーのXRシリーズ向けに作られたレンズです。
XR RIKENON 1:2.8/28

鏡筒は鉄でずっしりしていていい感じ。

商品的には廉価版で安く販売されていて現場系の記録写真向けに使われることが多かったんだとか。
なので状態がいい物は結構少なくて、レンズにはキズが入り、前リングはがたがたになってしまっています。
XR RIKENON 1:2.8/28



しかし写りは開放からシャープ、開放で撮っても山並みなどはカリっと輪郭が出て気持ち良いんです。
IMGP95611


ヘリコイドグリスが抜けてちょっとスカってる感じもするんですが、手入れをしていけば死ぬまで使えそうなレンズです。

こういう古いレンズは今のレンズにはない写りだとか味を感じることができます。
けなす訳ではないんですが最近のレンズはとにかく綺麗に、逆光に強くって言うことに拘りすぎている気がするんです。
そういうレンズが必要と感じることも有るのでそれはそれとして何ですけど。

全部が高性能じゃなくてもいいかなーって、取捨選択というか軽くて逆光に強くて解像度も高くてピントだってカチっと合っちゃって、なんて味気ないと思うんです。

こういうレンズみたいに、ごつくて重くてヘリコイドの動きも重い、その辺のカメラ屋でジャンクなんて言われて捨て値で売られている物だってちゃんと写るんだぞって。


カメラ屋に行った時はちょっと探してみるといいかもしれません、多分高くて数千円で売られていると思います。
ただ最近デジカメヲチでもXRシリーズが紹介されてしまったので、一気に消えるかもしれませんけどw

そんな感じで、レンズ紹介でした。

はじめての りばーさる☆ふぃるむ! - 2012.03.08 Thu

はい、先週撮った分の現像が上がったので今日取りに行って来ました。

今回はリバーサルフィルムといって、普通はネガフィルム、色を反転するといつも見るような写真になるフィルムを連想されるかと思いますが、それとは別に撮るとフィルムのままでも色が普通に現れるフィルムを使ってみました。

でもこのフィルム、なかなか難しくて光の扱いがシビアらしいのです。

で、今回撮って裏から光を通したのがこれ。

感度が元々低いということもあってかほとんどが黒つぶれでした・・・orz
感度に関してはいつも通り露出計を使ってあわせたのでしたが、それでも露光が足りなかったようでこんな結果になってしまいました(´・ω・`)
120307-132857_R.jpg



こっちはスキャンした状態、黒い部分をかなり持ち上げているので変な写りになってしまっています。
ちなみにフィルムの淵部分まで一緒にスキャンしてみました。
光が当たっているところは白飛び気味なのに、背景は真っ暗、これはフラッシュを使ってバウンスさせているんですが、こんな状態に、元々リバーサルは風景向きということもあり、全体的に同じ明るさのほうがやっぱり良いようです。
img095_R.jpg

リバーサルでは10枚中アップできるようなのはこれだけでしたw


ネガカラーはまだマシだった!
120307-133348_R.jpg


RZ67Pro2 With Sekor Z 50mm F4.5W
Lomography ColorNEGATIVE 120/400 C-41

大きな特徴って言うのはないんですが、色が若干淡くてフワフワした感じの写真になります。


先週行った海にて。

デジタルでも構図と露出をチェックしたのを撮ったりしたのであんまり代わり映えしていませんw
img101_R.jpg

img103_R.jpg

何も補正したりはしていないんですが、結構好みの色合いになるので気に入ってしまいました。
感度も400で超晴天以外なら困ることなく使えそう。

まつしまやーまつしまやッ↑☆
img099_R.jpg

それと普通の風景、デジタルで撮ったのと見比べてみたんですが、結構細かいところまでディティールが残っていてビックリ!やっぱりフォーマットが大きいとそれだけ有利なんだなーと思いました。
img102_R.jpg


あと、plaloidの話をコメントで頂いていて、ちょっと気になっていたんですが、現像をお願いしていたお店にジャンク500円で本体が転がっていたので買ってきちゃいました!w
PL_PID_1000002913_R.jpg

店頭でパカっと開いてみたら、レンズの周りがかっこよくて一目ぼれでしたw
120307-201753_R.jpg

でもこれ、バッテリーはフィルム側に入っているとかでこのままじゃ動くかどうかも分からないという・・・・(´・ω・`)


でもいいんです、この口を開いたときのこの表情、( ゚д゚ )←が気に入ったので!w
PL_PID_1000002914_R.jpg

完全にインテリア!☆

改造フォーカシングスクリーン - 2012.03.03 Sat

行き着けのカメラ屋さんで古いフィルムカメラ向けのフォーカシングスクリーンがジャンクで500円だったので改造してK-5へ付けてみました。

120301-200858_R.jpg


改造とは言うものの、サイズを合わせるだけなのでプラ板加工が出来る人なら簡単に出来ると思います。

純正のAPS-Cスクリーンのサイズが1.8cmx2.6cm、フィルム向けが2.5cmx3.7cm、それぞれのい辺の余白を切り取れば良いという寸法。

上の写真はどのくらいサイズ差があるかわかりやすく線を引いてみました。

ノギスでラインをつけて、カッターで切り込みを深くしてパキっと割れば完成。
作業するときは、マスキングテープで表面が傷まないようにすると良いでしょう。


時雨「できた!」
120301-202008_R.jpg



で、これを装着して覗くとこんな感じ。
120301-204909_R.jpg


わーい!方眼スクリーンだー!
時雨「やったー!」
PL_PID_1000002808_R.jpg



で、同じようにコンタックス用のスクリーンでスプリットマイクロスクリーンも作ってみました。

120303-233838_R.jpg



こちらは動画、iPhoneのカメラで撮ってみました。

中央の模様がピントが合うとピタっと合致するようなスクリーンです。
中央のピントを合わせる際は結構便利なんですが、純正で販売されていないのです。
それで今回作ってみたんですが、問題点が一つ、AFは問題ないのですが、肉眼でMFするとき、合致したところでシャッターを切ると前ボケの写真が出来上がります。

そう、スクリーンの厚さが純正と違うためピント面がずれているんですね。
スクリーンとセンサーの面の距離が違うということ。

計ってみたら35mm用がそれぞれ厚さ1.5mmで、デジタルは1.3mmでした。

近距離ではあんまりピントのズレを感じないのですが、ちょっと離れると前ボケ気味になってきます、どういうこと?( ゚д゚ )

なのでMFのときはそれを意識しないとダメという・・・交換した意味があんまりなーい!


でもまぁ、ジャンクはまだあったので、他のも試してみたいです。



それとファインダーイロイロ、こっちもアイポンで撮ってみました。

RZ67Pro2 プリズムファインダー装着で。




こっちはPENTAX SuperA



やっぱり35mm判のファインダーは見やすいなーと思います。

現像 - 2012.02.16 Thu

先週現像に出したフィルムが出来上がったので今日は受け取りに行って来ました!。

現像に出してきたのは120サイズの幅の広い方のフィルム、それの受け取りついでに一週間かけて撮った36枚撮りの35mmフィルムも一本預けてきました。

35mmフィルムは120と違ってお店で作業が完結するので当日受け取りが出来るのです。
120の方は東京のほうにある富士フィルムのラボに送って現像するのだとか。

120216-014331_R.jpg

昔はちゃんと透かし用の機材が必要だったんでしょうけど、今ではタブレットPCがこういう代用に使えるので便利な時代になったのかな。
写真はiPadの上に載せましたw

で、肝心の現像後は、エプソンのGT-X820というフィルムスキャナー機能があるスキャナーでPCへ取り込みます。

本当は更に補正をかけたりするんでしょうけど、今回は初撮りということで取り込みでそのまま出してみました!。


RZ67 ProfessionalⅡ with SEKOR MACRO 140mm F4.5 W
img002_R.jpg

6879640063_d0a6fc0daf_o_R.jpg

img005_R.jpg
img006_R.jpg

先日の屋外撮影のときにいっしょに撮った写真と、友人の神姫といっしょに撮った写真。

デジタルのような高精細な写真ではありませんが、雰囲気というか粒子の重みのようなものを感じました。

フィルムは10枚撮りで2本、計20枚でしたが、まともに出せるのはこれくらいw
ほかはブレていたり、ピンボケだったり(´∀`)



35mmのほうでも同じように上手く撮れているのは少なかったです。

使ったカメラはこれ
PENTAX SuperA With SMC PENTAX 1:1.4/50

6851436559_f535acedbe_o_R.jpg
これを持ち歩いて撮っていました。



img037_R.jpg

img007_R.jpg
img016_R.jpg
img036_R.jpg
img034_R.jpg
img035_R.jpg
img030_R.jpg
img019_R.jpg

普段から持ち歩いて同僚のポートレートを撮ったり、ハッとしたときに撮ったりしていましたが、結局いつも通り時雨さんたちを撮っていました、フィルムだからといって被写体を無理やり変えるのもアレですがあんまり新鮮味はありませんねw

でも初めてでこれだけ撮れたので満足!(゚∀゚)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

SASAKI3092

Author:SASAKI3092
時雨さんと日々星を追って山を駆け巡る、どうもSASAKIです。
ようする神姫のお出かけ写真や、星景写真のブログですねぇー。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。