時雨の小部屋
topimage

2010-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[日々雑感]英語ムズイ - 2010.10.31 Sun

英語ってムズイですね。

や、なんで突然って感じですが、最近flicrがメインになっていまして。

基本写真をアップロードするだけなんですが、物によってはコメントがついたりして、それがまたおそらく8割以上は国外のユーザーの為英語コメントなんですな。

それにレスするのにつたない日本語を必死に翻訳ツールで英語にしてレスするわけなんですが。

いやぁーちゃんと伝わってるか不安になるわけですよ。
こちとら中学からまともに英語なんて勉強していませんからねぇ。

ちゃんと勉強しておけばな~とありがちな事を考えるわけですが。
まぁ当時は必要にならんだろーなんてまさにバカな中学生って感じだったわけですよ、それが今ではあの時に・・・と。

なので最近割りと必死ですよ、英語の教科書なんて見ちゃったりして。
日常会話くらいやってのけたいもんですなぁ~。


しかしflicr、良い写真勢ぞろいというか、オサレ空間というか。

メリケンの方々って自分を晒すの平気なんでしょうな~、結構顔載せてる人がいるわけですが。


なんていうかガイジンってなんで様になるというか、といつもこいつもかっこよく見えてしまうんだろうなぁ~と思うわけですよ、非常に羨ましい。


それがshinkiと一緒に写ってる米国紳士であってもだ。


で、そんなことをしている彼らを見ていると心の国境なんてものはもはやノーボーダー、なわけですよ。
異文化交流といいますか、ある意味共通文化かも知れぬのですが、楽しいんですなぁ~。


自分はフィギュアに服を着せる習慣はなかったけど、写真を見ていたら着せてもいいかなと思ったよ、だとか。
普通のコメントだけど英文からちゃんと意味を理解できるまで日本語どうしの会話の十倍くらいの時間がかかるわけですが、分かったときのテンションったらないわけですよ。


あと仕事で耳の聞こえない方と最近よく話す機会があるんですが。
俺は手話なんて出来ないので、同じ日本人でもまったく言いたい事が伝わらないんですけど、便利なものがあるんですね、PCのメモ帳で会話してます。

接客で回りにPCが腐るほどあるので、移動してはメモ帳でという感じ。
便利なもんだなぁ~と単純に思いました。
まぁ根本的にPCじゃなくても紙で良いじゃないかという事になると思うんですが、手打ちでスピーディーに会話できるって点が便利ということで。



写真の話に戻りますけど。

先日母親が友人と日帰りの旅行に行くってことになったらしく、一年に一回在るか無いかの行事だと思うので、コンデジ貸してあげたんですよ。

本人は60も過ぎた年寄りで自分は写りたくないし一緒に行く人も嫌がるからと言うんですが、良いから持って行って景色でも撮って来いと簡単な説明をして渡したんですが。

実際行って帰ってきて聞くと、まぁ案の定使い方がよく分からないってことで全然撮ってこなかったんですね、だけど一枚だけ在ったんですよ。

なにやらお昼を食べたところの建物に生えていた木がキレイで、カメラを持ってどうしようこうしようと悩んでいたら店員さんが気を利かせて撮ってくれたんだとか。

キレイな木と一緒に写真の真ん中で縮こまりながら笑ってる母親と友達が小ぢんまりと写っていました。

で、その写真を印刷して、一緒に行った友達にも送ろうってことになったんで印刷して母親に渡して、しばらくしてからどうだった?って聞いたんですよ。

そしたらそのご友人入院しちゃって渡すどころじゃなくなったとか何とか。

最後の写真にならないと良いなんて言うもんだからバカ言ってんじゃねぇと。


でも俺としては、その場がちょっとでも盛り上がって記録として写真が残れば良いなと思っていたので、カメラ君はその役割は果たしたかなと。

カメラ向けると大抵の人は嫌がると思うんですが、その中に笑顔もあるんですよね、一瞬でも楽しい瞬間があれば、カメラがその引き立て役になればなと日々思っておる所存であります。

ご友人、早く良くなると良いんですが、病院食はマズイだの夜は消灯が早くて寝れねぇって電話をしょっちゅう寄こすくらいらしいので心配はなさそうですね。

またどこかに行くときはカメラを貸してあげようと思います。


写真大好き、SASAKIの日々雑感でございました。

南無。
スポンサーサイト

K-5にて星景写真 - 2010.10.25 Mon

先日ちょっと晴れたので仕事が終わった後山までダッシュで行って星を撮ってきました。

今まではnikonD90、またはD700で星景写真を撮っていたんですが、今後はそれが揺らぐ感じです。

だって元々好きな色合いのペンタで撮れるんですもの。

高感度は前述したとおりなのでノイズが入りにくいんですが、長時間露光した直後のノイズリダクションの待機時間がほとんどないのです。

nikonだと10秒露光で撮るとその後10秒の待機時間があったのですが、k-5だとそれがなく、シャッターが切れた直後に次の撮影に入れるのです。

なので単純に30分間の連続撮影をnikonで行うと大体90枚でしたが、ペンタでは180枚の撮影が可能ということになります。

ということは、コンポジットで撮ったときは最終的に比較明合成で全ての写真をかさねるんですが、それを行ったときに、暗い星でも明るく浮き出てくるということなんですな。

すごい分かりにくい感じですが、高感度と短時間のノイズリダクションのおかげでいいことずくめな感じです。

コレだけ褒めちぎってるとまるで信者ですね!



がカメラが高性能でも天気が良くないと何も始まらないんですがね。

今回はダムの湖畔で撮りました、現地に着くと天体望遠鏡を設置している先客がいました。
なにやら月を撮っているとか何とか。
長時間露光だったので人が消えましたw
DSC_2973.jpg


で実際にk-5で120枚程度撮りコンポジットしたのがこっち。
DA16-45mm
19.0 mm
[シャッタースピード]
10.0 秒
[ISO感度]
400
[絞り]
F4.0

output2.jpg

ホントはもっと沢山取ったんですが、半分くらいが雲がかかってしまっていて汚くなってしまいました。

一応オリオンを狙ったんですが、露出を上手く調整できず上記のことも有り余計な星も写り込んでしまいました。
もうちょっと写したい等星だけ絞れるようになりたい。

こっちは湖面に霧が張ってきたのでD700で。
tokinaAF28-80mm
焦点距離]
28.0 mm
[シャッタースピード]
5.0 秒
[ISO感度]
800
[絞り]
F2.8


DSC_29762.jpg


それからこっちは撮った写真を動画にしたもの、大きくすると星と雲の動きが分かりやすいです。





高度によって雲の動きが違うんですね~。


最近夜は冷え込むようになって来ました、出先ではコンロを使って暖かいものをすすって癒されてます。
雪が降るのはちょっと嫌だなぁ~・・・w
調子に乗って時雨さんと一緒に写ってみましたw
DSC_2972.jpg

超望遠レンズでどーん - 2010.10.22 Fri

今まで600-1000mmを使って月等を撮っていましたが、大きすぎてほとんど外に持ち出すことがなく、出番が全くありませんでした。

そこで今回k-5に合わせてペンタ用の超望遠に買い換えました。

しかも変態仕様という・・・・なんと天体望遠鏡で使われる反射型レンズなのです(゚∀゚)
DSC_2859.jpg
DSC_2858.jpg


反射型なのでかなり短いです、焦点距離は600mmの短焦点、絞りもF8固定、すべてフォーカスはマニュアルです。

操作感はフォーカスリングも大きく使いやすいです、軽いし。
なによりカメラバッグに入るというのはかなりのアドバンテージ。
今まで携行できるレンズはコンパクトな100-300程度だったので今後は必要とあらばすぐにコイツを出せそう。

で、早速昨日の昼間に使ってみました。

近所の渓谷で鳶など。
PhotoSpread_1287597913979000007_full.jpg
流し撮りで必死に頑張ってみましたが、やはりマニュアルフォーカスということもあり、中々ピシっとピントが合ってくれません、F値をもっと上げられれば良いんでしょうがF8固定なので。

PhotoSpread_1287597913985000009_full.jpg

PhotoSpread_1287597913970000004_full.jpg

超望遠付けて手持ちで流し撮りをしているとき、フォーカスポイントでピントが合致した瞬間ピッっと音が鳴るんですが、その音と自分の感覚でシャッターを切った瞬間が重なると、なんともいえない感覚に襲われます、なんと言うか長距離射程のライフルを使って動く要標的を確実な偏差とコリオリの誤差まで修正し一発で眼を射抜いたような感じ(えー

もともと射撃の人だったのでw
気分良いんですよねぇー。
しかし今回はありませんでしたがw全て周りのSPを打ち抜いた感じ、外しまくりんぐ(´・ω・`)ショボーン

あと染まり始めの紅葉を撃ち取ってきました。
PhotoSpread_1287597913982000008_full.jpg

PhotoSpread_1287628371159000000_full.jpg

PhotoSpread_1287628371162000001_full.jpg

ちなみに上の三枚中一番上の写真は反対側の崖にあったものだったのでこんな状態で撮影してました。
最近自由雲台を付けたミニ三脚が大活躍してます。


威吹「撃てって!はやく撃てって~」

時雨「どどぉーん!(゚∀゚)」

君たち、それはどうでしょうネタかい・・?(;´・ω・`)

威吹「藤やん最高よね」

良いんだけど分かる人居ないんじゃないかなぁ・・・(´・ω・`)
PhotoSpread_1287597913973000005_full.jpg

後は時雨さん達、行く先々で目に付いたものと一緒に撮るのが楽しいです。

車の中
PhotoSpread_1287597913961000001_full.jpg

ポールの先っちょで太極拳
時雨「ほぉぁー(゚ω゚)」
PhotoSpread_1287597913964000002_full.jpg


PhotoSpread_1287597913967000003_full.jpg
PhotoSpread_1287628371165000002_full.jpg
という感じで、たまには神姫以外も撮るんだよ!ということでひとつ。

K-5高感度テスト? - 2010.10.20 Wed

ということで、k-5持って深夜徘徊してきました。

前回は増感まで使わなかったので今回はあえてノイズが乗るような使い方をしました、Exif情報付き。
全て手持ち、三脚は使っていません。

高感度時は全体的にホワイトノイズが増える傾向がありましたが、暗部のみで目に付く感じでした。
光が当たっている部分は比較的輪郭もスッキリしていて、ディティールも損なわれていない感じ。
K-MのときではISO1600程度まで上げると同程度のカラーノイズが載っていたのでそれの数十倍の感度でコレだけノイズが少なければ何も言うことはないですねw

s-IMGP9472.jpg
[焦点距離] 45.0 mm
[シャッタースピード] 1/15 秒
[ISO感度] 25600
[絞り] F9.0


s-s-s-IMGP9464.jpg
[焦点距離] 45.0 mm
[シャッタースピード] 1/15 秒
[ISO感度] 51200
[絞り] F7.1


IMGP9459.jpg
[焦点距離] 45.0 mm
[シャッタースピード] 1/15 秒
[ISO感度] 51200
[絞り] F7.1


IMGP9437.jpg
[焦点距離] 45.0 mm
[シャッタースピード] 1/2 秒
[ISO感度] 6400
[絞り] F5.0


s-IMGP9432.jpg
[焦点距離] 16.0 mm
[シャッタースピード] 1/2 秒
[ISO感度] 6400
[絞り] F4.0


IMGP9421.jpg
[焦点距離] 16.0 mm
[シャッタースピード] 1/125 秒
[ISO感度] 6400
[絞り] F4.0


s-IMGP9408.jpg
[焦点距離] 19.0 mm
[シャッタースピード] 1/3 秒
[ISO感度] 3200
[絞り] F6.3




あと、ノイズが乗ってしまったのはモノクロにしてしまうのがマイブーム。
s-IMGP9459.jpg
s-IMGP9437.jpg
s-IMGP9424.jpg

PENTAX K-5購入 - 2010.10.19 Tue

ということで、先日発売されたPENTAXの新たなフラッグシップモデル"K-5"をゲッツしてまいりました!。
s-DSC_2807.jpg

http://www.pentax.jp/japan/imaging/digital/slr/k-5/feature.html

現在メインとしてnikonD700、D90を使っている状態でしたが、それ以前はPENTAX K-M、K20Dと使ってきました、しかしペンタはいずれもノイズが酷く、夜間の撮影には向いていませんでした、それでnikonを使うようになったんですが、ノイズの問題以外はペンタの方が気に入っている部分が多く、色合いだとか、なんともいえないカメラ内補正がお気に入りで昼間のメインはほとんどペンタでした。

で、今回新たに発売されたk-5はとにかく高感度に強いとのこと、なにせ最大ISO感度は51200と恐ろしい数字w

K-M発売後新たに出たk-xではノイズの問題がかなり改善されていて、常用で1600くらいまでならほとんどノイズを気にせず使えることを知っていたので今回はかなり期待していました。

実際使ってみたところすごいの一言w
過去のイメージでマイナスから入ったとしても十分すごい進化を遂げたと思います。
一つ前のk-7では常用でISO800程度が限度でしたが、今回は常用6400までいけます、ノイズの感じ方には個人差があるでしょうけど、自分は全く気にならないレベルでした。

なにせつきのクレーターを300mmのレンズを使い三脚無しで撮影できるほどです。
シェイクリダクションの能力も上がってる?感じがしました。

ようやくノイズの呪いから解き放たれた感じですね。


なんだか興奮冷めやらぬ状態で何言ってんだか分かりませんが、とにかく過去のフラッグシップモデルからしっかりと弱いところを補い進化した感じです。


で、早速夜のお出かけしてきましたw
長時間ノイズもいい感じに処理してくれるので撮るのが楽しいです。
今回は小さい3脚に自由雲台を付けて出撃しました。

仙台某所電波塔
k-5
ISO800
DA16-45
2.5秒F10
PhotoSpread_1287418355478000001_full.jpg

威吹「寒い・・・(;´Д`)」

時雨「へいきっ!(・∀・)」
PhotoSpread_1287418355487000004_full.jpg

k-5
ISO400
DA16-45
5秒F7.1
PhotoSpread_1287418355484000003_full.jpg


威吹「お、おちる!(゚Д゚;)」

時雨「わぁあぁあヾ(;´・ω・`)ノ」
k-5
ISO3200
DA16-45
0.3秒F3.5
PhotoSpread_1287418355475000000_full.jpg


満月じゃないけどお月見時雨
k-5
SIGMA100-300
ISO800
8秒F11
PhotoSpread_1287418355481000002_full.jpg


こんな感じ、800程度の感度ならノイズリダクションいらないくらいでした、実際露光時間長めにしたときの状態を過去と比べると雲泥の差でした。

あろライブビューがものすごく使いやすいんですが、こっちはまた今度w

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

SASAKI3092

Author:SASAKI3092
時雨さんと日々星を追って山を駆け巡る、どうもSASAKIです。
ようする神姫のお出かけ写真や、星景写真のブログですねぇー。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。