時雨の小部屋
topimage

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改造フォーカシングスクリーン - 2012.03.03 Sat

行き着けのカメラ屋さんで古いフィルムカメラ向けのフォーカシングスクリーンがジャンクで500円だったので改造してK-5へ付けてみました。

120301-200858_R.jpg


改造とは言うものの、サイズを合わせるだけなのでプラ板加工が出来る人なら簡単に出来ると思います。

純正のAPS-Cスクリーンのサイズが1.8cmx2.6cm、フィルム向けが2.5cmx3.7cm、それぞれのい辺の余白を切り取れば良いという寸法。

上の写真はどのくらいサイズ差があるかわかりやすく線を引いてみました。

ノギスでラインをつけて、カッターで切り込みを深くしてパキっと割れば完成。
作業するときは、マスキングテープで表面が傷まないようにすると良いでしょう。


時雨「できた!」
120301-202008_R.jpg



で、これを装着して覗くとこんな感じ。
120301-204909_R.jpg


わーい!方眼スクリーンだー!
時雨「やったー!」
PL_PID_1000002808_R.jpg



で、同じようにコンタックス用のスクリーンでスプリットマイクロスクリーンも作ってみました。

120303-233838_R.jpg



こちらは動画、iPhoneのカメラで撮ってみました。

中央の模様がピントが合うとピタっと合致するようなスクリーンです。
中央のピントを合わせる際は結構便利なんですが、純正で販売されていないのです。
それで今回作ってみたんですが、問題点が一つ、AFは問題ないのですが、肉眼でMFするとき、合致したところでシャッターを切ると前ボケの写真が出来上がります。

そう、スクリーンの厚さが純正と違うためピント面がずれているんですね。
スクリーンとセンサーの面の距離が違うということ。

計ってみたら35mm用がそれぞれ厚さ1.5mmで、デジタルは1.3mmでした。

近距離ではあんまりピントのズレを感じないのですが、ちょっと離れると前ボケ気味になってきます、どういうこと?( ゚д゚ )

なのでMFのときはそれを意識しないとダメという・・・交換した意味があんまりなーい!


でもまぁ、ジャンクはまだあったので、他のも試してみたいです。



それとファインダーイロイロ、こっちもアイポンで撮ってみました。

RZ67Pro2 プリズムファインダー装着で。




こっちはPENTAX SuperA



やっぱり35mm判のファインダーは見やすいなーと思います。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sigurenokobeya.blog39.fc2.com/tb.php/272-3c21ce6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トイカメラ系 «  | BLOG TOP |  » 今週も海へ、それと120B/W現像

プロフィール

SASAKI3092

Author:SASAKI3092
時雨さんと日々星を追って山を駆け巡る、どうもSASAKIです。
ようする神姫のお出かけ写真や、星景写真のブログですねぇー。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。